減塩、腹八分目のダイエット生活は続く

一日塩分8gで、腹八分目のダイエット生活が始まった。

 

朝はトーストと目玉焼きとコーヒー。

 

トーストにバターを塗ると塩分の摂取量がわからなくなる。

目玉焼きに塩こしょうしたら、これまた塩分の摂取量がわからなくなる。

コーヒーには塩分は含まれていそうにない。

いちいち食べるものの塩分を気にしだした。

 

昼は、妻の用意してくれたお弁当を食べる。

娘が高校生の頃に使っていた小さなお弁当箱ひとつだ。

 

営業の仕事をしていた自分は、

お昼は、ほぼ毎日、喫茶店や飯屋のランチを食べて過ごしていた。

 

それもひとりで食べるのは時間が惜しいような気がして、

お客様や同僚や仕事仲間を誘うことが多かった。

 

それが、誰も誘わず、ひとりだけで、

公園のベンチとか、海辺の堤防とかで、 自然を相手に弁当を食べるようになった。

 

仕事のことじゃない、自分や家族のことを考えるようになった。

 

夜は、家に帰って、妻の作ってくれる夕食を腹八分目に済ます。

 

営業の仕事は夜まで続き、

それまでは、夕飯もやっぱり喫茶店や飯屋で済ますことが多かった。

いや、仕事にかこつけて居酒屋ということもかなり多かった。

 

 

飲み流れて2軒3軒、午前様はざらだった。

大酒飲みの大飯食らいだったのだ。

 

 

それをきっぱり辞めにした。

 

命と引き替えにはできないでしょ?

 

どんなに誘いがあっても飲み食いは断って帰るようにした。

 

帰って妻の用意してくれる減塩の食事を腹八分目食べるのだ。

 

減塩の調理を食べ比べたりする。

「こっちが普通に塩こしょうして焼いた魚で、

こっちが塩ほんのちょっとで焼いてみたんだけど、どう?」

 

ひとくちで、あきらかに普通に塩こしょうした方が旨い。

というか、塩ほんのちょっとじゃ、味がしない・・・・・。

 

しかも、醤油をかけちゃったんじゃ元も子もないから、

塩の味も醤油の味もないままの焼き魚を食べるのだ。

 

それは、いずれ慣れていくのだが、

はじめの頃の味気なさといったら哀しくて涙が出そうだった。

 

さらにその上、腹八分目はお腹が空くし、目も満足しない。

 

「たったこれだけ?・・・・・・」

小さなお弁当箱を開けたとき、目を疑いたくなる。

 

いつものペースで食べたら5分とかからずペロっと食べてしまう。

 

 

ゆっくり噛むことにした。

しっかり噛むことにした。

 

 

妻が苦労して苦心して作ってくれる減塩弁当だ。

減塩で味はしないけど、噛みしめて味わって食べるのだ。

 

 

いずれ胃が小さくなる。

人はそう言うけど、そんな実感はなく、

いつもいつも空腹と満たされない思いを抱えていたように思う。

 

一週間くらいが経った頃だったろうか、変化が現れ始めた。

 

それが、良い傾向の変化ではない。

力が出ないのだ。

 

体全体に力がみなぎってこないのだ。

しゃべることすら、力が入らず、どもってしまうのだ。

 

 

どうなってしまったんだろう?

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です