透析はじっと動かず寝てするものか

透析導入のために2週間の入院をして、少しづつ透析に体を慣らしていく。

 

「少し頭を起こしてみる?」

「起こしていいの?起きたい」

看護婦さんがベッドの頭の部分を起こしてくれる。

 

「どう?気分わるくない?」

なんともないが、頭を起こすと気分が悪くなることが考えられるってことか。

そんなこと意識させるものだから、

気分が悪くなることを想像してしまい、 起こした頭が動かせない。

 

それでもテレビが見やすくなり、気分は明るくなった。

 

「少しくらい動いても大丈夫だからね」

「え?いいの?」

 

動いてはいけないのかと思って、体全体を硬直させていた。

刺された針から呪文をかけられたようにじっと動けずにいた。

太い針が二本も刺さっていたんじゃ恐くて動けないからね。

 

後から知ることだが、

ベッドではなく、椅子で透析治療を行う病院もある。

椅子といってもリクライニングで横になることもできるのだが。

 

どういう姿勢がいいのか、ほんとうのところはよく知らないが、

要は、刺された針が安全に維持できる姿勢なら、

寝てても、腰掛けてても、立ってても、きっと構わないんじゃないのかな?

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です