透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2020年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


冠動脈風船&ステント治療(2)


カテーテル検査の結果、

バイパス手術に失敗した冠動脈の風船&ステント治療を受けることになった。

「このまま、風船やってステントをいれていきます」

「はい」

「血管が太いので、薬を塗ってないステントが使えます」

「はぁ・・・(なんのことだか解らない・・・)」

「薬を塗ってないステントのメリットは、・・・・」

先生が詳しく説明をしてくれる。が、

こちらは手術台で身動きできず、思考回路も停止状態、

気がかりなのは、まだカテーテルが入ったままなのか、否か?で、

 

「お任せします」

 

「管を差し替えますね」また抜いたり刺したり?

「少し太くなります。痛かったらすぐに言って下さいね」

ぇえ?太いの?痛いかもしれないってこと?

「麻酔、追加しておきますか?」

そんなことどうしたらイイか解らないし・・・・。

「お酒は強かった?」

「はい、浴びるほど^^;」

「じゃ、追加しておきましょう」

「ぜひ、そうして下さい」

麻酔が追加され、管が刺し直され、

 

まずは風船治療

 

「8気圧で20秒お願いします」

「はい、8気圧20秒、3,4,5秒・・・」

「終了教えて」

「はい、17,18,19,20秒、終了です」

あれ?このイヤ~な感じは何だ?気持ち悪い?吐き気?

どう表現したらイイ?先生に告げた方がイイ?

「じゃ、もう一度、8気圧20秒で」

・・・・・・

「大丈夫?」

 

「イヤ~な感じです、吐き気のような、生唾が出そうな、・・・」

その後も何か処置が続き、風船を何度か繰り返し、やがて治療が完了した。

「ご家族を呼んで下さい」

外で待っていてくれた女房が呼ばれ、ビデオを見ながら治療の説明が始まる。

 

手術ベッドに横たわって、点滴やら血圧測定機やらに繋がれたまま、

止血作業を受けながらで、それが結構痛くて、気もそぞろに説明を聞く。

寒いなぁ、何かかけてくれないかなぁ、早く汗も拭きたいなぁ、気もそぞろだ。

 

後から女房が言うには、先生はとても解りやすく説明をしてくれたそうだ。

 

15分位は止血をしてくれていたのではないか、ずいぶん長い時間が経過したように思う。

病室の看護婦さんが迎えに来てくれて、ベッドを移され、病室へ運ばれる。

病室を出て手術室へ向かってから2時間が経過していた。

 

ここから、地獄の絶対安静が始まる。

つづく

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
ホームページ