チベット体操-第四の体操

チベット体操は5つの体操ですべてだと教わった。

 

その第四の体操は、

「第四の体操は、お腹を上にして、机の形を作ります。」

足を床に投げ出して肩幅に広げ、上体は真っ直ぐ起こします。

手は真っ直ぐにおろし、床に手の平をつきます。

鼻でゆ~っくりと深く息を吸います。

口から息を吐きながら頭を前に倒していき、顎を胸につけます。

同時に息を吐き切ります。

鼻から息を丹田に吸いながら、頭をできるだけ後ろにそらします。

同時に、足裏を床につけ膝を曲げながらお尻を持ち上げていきます。

腕をまっすぐ伸ばした状態で、上半身(腰)を上に持ち上げます。

お腹の底までしっかりと息を吸い、机の形を作ります。

その姿勢で、身体の筋肉をひとつ残らず緊張させながら息を止めます。

次に、息を口からゆっくり吐きながら、もとの格好に戻します。

息を吐き切ります。

呼吸を整えながら、筋肉を弛緩します。

これを3度繰り返します。

 

 

これで、第四の体操は終わりです。

 

なんだかやることが多くなってきましたね。

息を止める動作も入ってきました。

私は5秒くらい息を止めるようにしています。

 

ゆっくり理解を深めながら慣れていって下さい。

 

姿勢(ポーズ)に気を取られるより、

深い呼吸(丹田呼吸)をより意識して下さい。

 

 

呼吸法 第一の体操 第二の体操 第三の体操 第四の体操 第五の体操

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です