透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2020年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


トレッキング 八形山


遠州森町の八形山というところにトレッキングに出かけた。

自宅から車で小一時間で行けて、
さらに小一時間で山歩きできる場所をネットで検索したら、
この八形山というところが良さそうだったので出かけた。

20160909_01
八形山山頂↑


森の石松で有名な大洞院の駐車場に車を停めさせてもらい、
登り道の車道を400mほど歩くと登山入口の看板が出てきた。
20160909_02

「散歩道」「ハイキングコース」って書いてある^^;
山を歩く気分満々で出かけてきているのに散歩道だなんて・・・・・。
まぁ、ド素人にはちょうどいいかも、と思い直す。

しかし、入口からしばらく丸太が埋め込まれたの階段が続き、
これが思ったよりしんどくて、
その上いきなりうっそうとして奥深い山の中に入り込んだようで、
さらには昨日の雨で足元が滑りそうで、
滑って転んだりして動けなくなったらどうしよう、とか、
素人のくせにひとりで来てしまったことを後悔し始める。

が、ほどなく樹林帯(大げさかな?)を抜け、尾根道のような感じに↓
20160909_03

眺望が開けてくると、なんだか元気が出てくる。
間もなく、 ベンチも置かれている休憩ポイントに↓
20160909_04

山肌が現れたりして、森林限界を超えた高山に居るみたい^^。
しっかり休憩して汗を拭き給水も忘れずに。

看板を見ると、大洞院から750mしか来ていない・・・・・。
山に入ってからだと350mしか来ていないってこと?

ずいぶん登ったような疲れ具合だけど・・・・・。

でも、休憩し過ぎちゃいけないって、
モノの本に書いてあったので、休憩もほどほどにして歩き始める。

20160909_05
すると、ほどなく「ロマンの丘」というポイントに↑
こっちが休憩ポイントだったのかもしれない。
正面に見えるのが八形山かな?

でも、休んだばかりだったし、道も平坦だし、先に進むことにした。
八形山までは500mだ。↓
20160909_06

多少のアップダウンを100mも行くと、
20160909_07
ますます気持ちよく眺望が開けたところを歩くようになり、
なんだかとても得したような気分^^v
20160909_08
やっぱり、あの前方のちょっととんがったところが八形山に違いない。
あと、一息だな。

すると、そのあと、また樹林帯に入り、眺望はなくなり、
多少のアップダウンのあと、急な階段道になった。

どうしよう。迷いが生じた。
けっこうしんどいし、帰路のことも考えると、この辺で引き返そうか。
なかなか爽快な気分も味わったし、引き返す頃合いかな。

すると、前方から、楽しそうに若いカップルがやってくる。
「こんにちは」
「こんにちは」

ここで引き返すと、後を着いていくことになり不審だなぁ・・・・・。
山頂までは、おそらくもうあと2~300mだし・・・・・・。

先に進むことにした。
でも、写真を撮る余裕はなく、必死に登り始める。

そうだ、ポールだ!ここでポールだ!
ウォーキング用に何年も前に通販で買ったポールを持ってきている。

そのポールを使うと、なんだか体が軽くなったように感じた。
正しい使い方も知らないのに、ほんとかな?気のせいかな?

そんなことぶつぶつ言っているうちに、
ついに先が開け、八形山山頂に到着!
20160909_09
時計を見ると、歩き始めてから一時間弱が経過している。

大洞院から1500mを一時間か。
遅すぎるのかな?

よく解らないけど、でも超初心者としては大満足で、
山頂に腰を下ろして、持ってきたアンパンなどほおばり、
汗がひくまで、しばし景色と風を楽しんだ。

帰り道は、思ったよりも楽で、あっさり歩けた感じがした。

途中、後ろから来て走り抜けていく若者が居た。
トレイルランニングってやつなんだろうな。

走り抜けられる程度の山ってことなんだな。と、
こんなところでふぅふぅ汗をかいている超初心者ぶりに汗がでた^^;

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
ホームページ