フィッシング詐欺

どうやら、フィッシング詐欺にひっかかったようだ。

おれおれ詐欺が取り沙汰されて久しく、
詐欺の手口は様々に進化・巧妙化しているようだが、
フィッシング詐欺というのも一応の知識はあるつもりでいるし、
所詮、詐欺は詐欺で、そんなものに引っかかるわけがないと思っている。

なのに・・・・・。

そういえば、2年ほど前に息子を語る電話がかかってきたことがある。
「あ、父さん、俺だけど」
だけど、すぐに息子ではないと解り、噂の手口通りだな、こいつとか
余裕を感じながら電話を受けたのに、
「○○か?」と思わず、息子の名前を言ってしまった。
しまった、と思ったが後の祭り、
よしひっかかったって相手は思ったに違いない・・・・・。
風邪をこじらせて病院代がかかるので振り込んで欲しいという。
だけど、
「どこの病院だ?」
などとかわしながら事なきを得たことがある。

だから、余計に詐欺になんかひっかかるわけがないと・・・・・。

その日、クレジット会社からのカード利用メールが届く。
いつもと同じようにちらっと目を通すと、違和感を感じる。
見慣れないローマ字の利用先と結構な利用額が書かれている。
それも2件、3件、あれ?もっとある!

目を留めて、じっくり見る。
まったく覚えがない利用先と金額だ。

そんなバカな。
慌ててWebの利用明細を閲覧すると、
ほんの4日で全部で6件、利用先は違うが「海外利用」となっている。
合計額は25万円ほどになる・・・・。

なんとかHOTELという利用先もあったりしたので検索してみる。が、
なんだか余計に深入りしそうな怪しげなサイトに感じられる。

こりゃいかん、こうしている間にもさらに悪用されているかもしれない。
焦り始めてドキドキ心臓が高鳴る。

まずカードを止めなくちゃいかんのじゃないか?
そうだ、カード会社に電話だ!
助けてくれ!どうしたらよいか教えてくれ~!

「覚えのない利用案内が届いたのですが・・・・・」
「海外にはいかれていませんか?ご家族のご利用はないですか?・・・・・」
真意を確かめるようないくつかの質問があり、
「どうされますか?」
え?どうしたらいいか教えてくれないの?と思いながら
「カード、止めた方がいいですよね?」
「そうですね」
「じゃ、止めてください」
で、本人確認のようないくつかの質問があり、
「カードは止めました。再発行しますか?」
「お願いします」
いくつかの質問があり、
「2週間くらいで再発行されます」

なんだか冷静で事務的だなぁ、
あくまでこちらの指示を仰ぐだけで、アドバイスはくれないんだなぁと、
不安で焦る気持ちを励ましながら、

「この覚えのない利用分はどうなるのですか?」
「どのような利用内容かお調べすることができますが」
「じゃ、調べてください」
「2か月から3か月かかる場合があります」
「え?その間に支払いは発生してしまうということですか?」
「いったんお支払いただき、キャンセルが確定すればお戻しすることになります」

え~?そんなお金ないよ・・・・・・・。
いまここで、キャンセルするってわけにゃいかんのかよ・・・・・。
それに、2か月も3か月も不安な気持ちを引きづってなくちゃいかんなんて・・・・・・。

だけど、抵抗のすべもなく、

「そうですか、わかりました、お願いします」

もやもやした気持ちのままだが、ひとまず被害の拡大は防げた。が、
25万円もの支払いと、
キャンセルできない場合があるのか、新たな大きな不安に襲われる。

それにしても、
どこでクレジットカードの番号やパスワードを盗まれたのか。
最近、クレジットカードを登録したのは、と思いめぐらすと、

某ホテル検索サイトに会員登録をしてホテル予約をした際だ。
ホテルは現地決済になっているのにクレジットカードの登録画面が表示された。
何気に不自然な気がしたが、予約が先に進まないと思われ登録した。

あれか。
あれがフィッシング詐欺ってやつだったのか?
だとすると、なんて巧妙なんだ・・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です