透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2020年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


夢のボタンホール(3)


ボタンホール作りの険しい道のり・・・・・・。

想像していたより痛みが続き、へこたれ気味・・・・・・。

 

採決側として作ってきていた腕の先(手首に近い方)のシャントは、

痛みのため、もうとても針を刺す気持ちになれなくなってしまった。

続きを読む…

夢のボタンホール(2)


ボタンホールを作ることに挑戦することにした。

 

「じゃ、次回から始めます」

「りょうかい、造る場所は?」

「造る人がその時に一番いい場所を決めます」

「じゃペンレス貼ってこれない?」

「え?あ、そうかぁ、そうなるわね」

続きを読む…

夢のボタンホール(1)


透析患者になって2年半が経過した頃、

毎日繰る日も繰る日も、シャントの痒みに悩まされていた。

 

つい、ひと掻きしてしまい、

その刺激がさらなる刺激を呼び覚まし、痒くて痒くて耐えられなくなる。

 

シャントを真っ赤に腫らしたり、掻き傷跡を残したりして透析に臨むと、

「ボタンホールに挑戦してみる?」

「ボタンホール?」

「ペンレス(麻酔シール)を貼らないようにしたいでしょ?」

続きを読む…

はじめてのシャントの風船治療(2)


シャントの風船治療が済み、

だけど手術に使った針は抜かないままに透析の時間を待つ。

針を腕に刺したまま、待合室に腰掛けているのも恐いモノだ。

が、その後にもっと恐いことが待っていようとは・・・・・。

続きを読む…

はじめてのシャントの風船治療(1)


「あれは痛いぞぉ」

「二度とやりたくないなぁ」

待合室にアドバイスの花が咲く・・・・・・。

はじめての風船治療を受けることになってしまった。

続きを読む…

シャント再手術(4)ー時間がかかるけど


シャントの再手術から10日が過ぎ、抜糸の日を迎える。

 

手術後の何日かめから、

手術跡が部分的に腫れて赤くなってきて、親指の付け根あたりが鈍く痛い。

透析病院の看護婦さんによれば、

シャント手術によって分断されて動脈の先に血液が充分に循環しなくなって

いることも考えられる、とのこと。

続きを読む…

シャント再手術(3)ーうまくできました


シャントの再手術のため、手術室に入る。

 

一年半前のはじめてのシャント手術と同じ細い十文字のベッド、

それを照らす大きなライトが天井からつり下がっている。

 

今回はもう先生がスタンバイしている。

 

左手は手術、右手は血圧、とベッドに十文字に張り付く。

続きを読む…

シャント再手術(2)ー今すぐ作り替えよう


なぜだか解らないが、シャント音がしなくなり、

風船治療か再手術が必要になり、シャントを作ってもらった先生を訪ねる。

続きを読む…

シャント再手術(1)ー完全にとまっちゃった


夜中に目が覚めたら、シャント音がしない。

朝まで、マッサージを繰り返し、

もう腕が痛くなってしまうほどにマッサージを繰り返し、

夜が明けて諦めた・・・。

続きを読む…

シャント音がしない


夏の寝苦しい夜、草木も眠る丑三つ時、

暑さのせいか、痛みがしたからか、目が覚めた。

 

左手のシャントに右手をやると、

あれ?ドックンドックンという脈を感じない・・・・・。

続きを読む…

 
ホームページ