透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2019年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

透析にならないにこしたことはない。が、透析を苦にすることもない。

2005年の暮れ、50歳を前にして腎臓が悲鳴をあげた。こちら⇒

そこから、透析になんかなりたくない必死の思いで、
減塩・ダイエットに努めた約2年半の話。こちら⇒


しかし、奮闘むなしく、ある朝、呼吸困難に見舞われ、
50歳を越えてとうとう人工透析を受ける生活になってしまった話。こちら⇒


透析、それは絶望的で、
人生が終わってしまったかのような気持ちに陥っていた話。こちら⇒


そこへ追い打ちをかけるように、心臓の冠動脈が詰まってしまい、
バイパス手術を受けるなど、ガタガタな話。こちら⇒


が、それでも今は透析を苦にせず(時々苦になるけど)、

親父バンドでフォークソングなんか歌ったりしながら、
なんとか楽しく暮らせないものかと模索している話。こちら⇒


このブログは、そんな、闘病というには大げさな日常の話を書いています。


苦なことは、吐き出せばきっと楽になるから吐き出し合いませんか。
楽なことは、楽なことはひとりでも楽しいけど、集まればもっと楽しい。


苦楽を共にできたらいいですね。

■メルマガフォーム

塩分8gのダイエット生活のつまづき


減塩・腹八分目のダイエット、

一週間くらいが経った頃だったろうか、変化が現れ始めた。
力が出ないのだ。
続きを読む…

減塩、腹八分目のダイエット生活は続く


一日塩分8gで、腹八分目のダイエット生活が始まった。

 

朝はトーストと目玉焼きとコーヒー。

 

トーストにバターを塗ると塩分の摂取量がわからなくなる。

目玉焼きに塩こしょうしたら、これまた塩分の摂取量がわからなくなる。

コーヒーには塩分は含まれていそうにない。

続きを読む…

一日塩分8gのダイエット生活の始まり


sio_syoyu 「お医者さん、何だったの?」

妻は待ちくたびれた様子で尋ねる。

「腎臓がダメだって」

「ダメって?」

「透析だって」

「透析?すぐに?」

「すぐじゃないけど、いずれ透析になるって」

「じゃ、まだ何とかなるんでしょ?」

続きを読む…

腎臓が悲鳴を上げた


「お父さん、お医者さんから呼び出しがあったけど・・・」

妻が電話でそう言う。

なんで?

医者は同級生だ。直接電話くれればいいのに、よっぽど良くない知らせか?

続きを読む…


カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


 
ホームページ