マスクをしてこない患者

新型コロナウィルスとの闘いのため、
緊急事態宣言の対象が全国にひろげられた。

なのに、

私の通う透析クリニックでは、
マスクをしてこない患者がなんと3~4割も居る。

そのうえ、
そういう人に限って咳エチケットを心得ずに咳き込んだりする。

それが自分のベッドに近いベッドの患者だったりして、
気にしだしたらそれがたまらなくストレスで、
かといって、直接面と向かって注意もしづらく、

マスクをするか咳エチケットを守るか、
こういう時期なんだから神経を配って、
どうにかしてほしいもんだよね、と
穿刺のタイミングに看護師に愚痴るように訴えていた。

ほんとは声を大にして訴えたい。
今やスーパーマーケットで買い物をしている人たちだって、
99%がマスクをしているというのに、
マスクもしないでクリニックに来るなんてどういう神経だ!
基礎疾患患者の集団のクリニックでいったいどういうことだ!
安心して透析が受けられるため、
患者と看護師を守るため、
指導徹底はクリニック側の責任でもあるんじゃないのか!

と。

でも、この先、
死ぬまでお付き合いの続くことなので、
できるだけ穏やかに、でも何度か何人かの看護師に
愚痴るように訴えていた。

と、それが功を奏したかどうか、
「新型コロナウィルスの感染対策について」と題した
A4のプリントを配りながら、
患者ひとりひとり廻って説明・依頼が為された。

それはマスクだけではなく、
毎日体温を測って記録するとか、面会を制限するとか、
病室を常時換気するとか、ロビーや更衣室での密集・
密接を禁じるとか、etc…

今更の感もしないでもないことだが、
緊急事態宣言が全国に対象を広げたタイミングではあるし、
ひとりひとり廻ってという対応は評価に値する。

何より、マスクの件でのストレスを抱えていたので、
胸のツカエが下りて少しすっきりした。

しかして次の透析日、
私が見た限りでは、マスクをしてこない人は、

ひとり居た……

それでもゼロにはならないことがなんとも ……
何か事情があるのか、単なる温度差なのか ……

私の住む静岡県磐田市ではまだ感染者が発表されていないせいか、
緊張感はとても緩い暮らしが営まれているように思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です