健全なる精神は健全なる身体に宿る

安倍総理が辞任を表明した。
その会見のTV放送を透析のベッドで見ていた。

安倍総理も病気には勝てないか、
無理もないなぁ、自分もそうだった。

自分と総理じゃ比べようもないのに、
病気で一線を退く思い、ただそこだけに共感して、
透析を告げられた時のことに思いがとんだ。


透析を告げられた時、
何も考えられなくなってしまった。

すべてが終わったように思えた。

透析だって…
そんなばかな…
おしまいだ…
何もできやしない…
人生もう終わりだ…

何をする気力もわいてこない。
何かを考えることすらできない。

それでも、
透析を告げられて、一日、二日と経ち、
少しづつ気持ちが落ち着き、頭も回るようになってくる。

一日おきに病院に通い、ベッドに4時間も拘束されてしまう。
日常生活だって食事・運動・他さまざまな制限を受けるだろう。

そんな状態で、
状態というのは、物理的な時間の拘束や行動の制限はもちろん、
何かを考えたり判断したりする力、精神力の弱さも含めて、
ITの前線で仕事を続けるのは無理だなと思った。

その頃、ITの最前線を突っ走っていた。
いや、突っ走っているつもりだった…。
それが、もう突っ走れない、突っ走りたくない、
そう思い始めた。

結果、第一線から退いた。

こんな状態で仕事を続けても、
期待に応えることはできそうにないし、それどころか、
お得意先や会社や同僚や部下に迷惑をかけてしまうから。
そういう理屈を前面に出して、第一線から退いた。

だけどあれは、
退いたんじゃなくて「逃げた」だったかなぁ。
誰に何を言われても聞き入れられなかったもんなぁ。

身体が健全な状態じゃなくなってしまい、
すでに精神も健全じゃなくなっていたんだろうなぁ。

だって、
健全なる精神は健全なる身体に宿る…だし。

安倍総理の辞任の心中を察するどころか、
都合の良い言葉を思い浮かべ、都合よく解釈して、
今更ながらに自分の言い訳を始めてしまった。

透析を告げられた時のことを書いた記事
⇒「とうとう透析を覚悟する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です