透析中の食事のお供

透析中にお弁当を食べるのだが、
そのお弁当のお供にいろいろと持ち込んでいる。

このごろはこんな感じ↓

梅干、たくわん、わさび漬け、柿

ボクが通うクリニックでは、
透析中に食事することが当たり前のようになっている。

なかには自分でお弁当を持ってくる人もいるが、
ほとんどは、出入りの弁当屋さんに注文して運び込んでもらう。
もうずっと一食480円でとても良心的だ。が、

正直、おかずがつまらないことも多く……
やむを得ないとも思いながら、それじゃつまらないので、
梅干をひとつ持っていくようにした(その話はこちら⇒)。

それが、次第次第にエスカレートして、
たくわんやワサビ漬けまでお供についていくようになり、
食後の果物までもが加わるようになった。

梅干は自作のものになったし、果物は庭で採れたものだ。
たくわんも冬場は自作のものになる。(ちょっと自慢^^v)

お弁当のご飯の2/3は、
梅干・たくわん・ワサビ漬けで食べてしまい、
残り1/3でお弁当に入っているおかずを食べるのだから、
もうおかずが食べきれないほどだ(残さないが^^;)。

その上、
お弁当を食べ終わってしまっても、まだ
食後のデザートとゆったりシャレることができる。

病院によっては、食事すらできないところもあるし、
持ち込みなんてもってのほかのところもあるだろうし、
とても厳しい食事管理下にある人もいるだろうから、
うかつなことは言えないけど、

5時間の透析の唯一最大の楽しみであるお弁当タイム。

そのお弁当タイムを
実質的にも精神的にもとても豊かにしてくれるお供たちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です