幸先詣で

2020年は新型コロナで明け暮れた。

マスクして、手指の消毒して、3密を避けて暮らせと。
特に基礎疾患持ちの高齢者は重症化リスクが高いから厳重注意だと。


県をまたいだ移動は辞めておけというので、
離れて暮らす子供にも孫にも会えないで時間が過ぎていく。
孫の成長は早く、この間に失われてしまった触れ合いは、
もう取り返すことはできない………

そうこうしているうちに、
こちらの寿命すら縮まってしまう……

せめてお正月、初詣でに明るい来年を祈ろうかと思えば、
初詣でも密集・密接だという………

だから今年は「幸先詣で」だというので、
いつも初詣でに行く法多山尊永寺に、
クリスマスイブに「幸先詣で」に出かけた。

確かに密は避けられ、
お寺のほうでもちゃんと支度が整っており、
新年のお札も購入することができた。

例年の初詣ででは、長蛇の列で買い求める厄除けだんごも、
今日はスイスイ買えて、一服処で一節二節いただいた。

この一年ありがとうございました。
この先の一年も何とぞ何とぞ……何とぞ何とぞ……

手を合わせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です