透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2020年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

透析にならないにこしたことはない。が、透析を苦にすることもない。

2005年の暮れ、50歳を前にして腎臓が悲鳴をあげた。こちら⇒

そこから、透析になんかなりたくない必死の思いで、
減塩・ダイエットに努めた約2年半の話。こちら⇒


しかし、奮闘むなしく、ある朝、呼吸困難に見舞われ、
50歳を越えてとうとう人工透析を受ける生活になってしまった話。こちら⇒


透析、それは絶望的で、
人生が終わってしまったかのような気持ちに陥っていた話。こちら⇒


そこへ追い打ちをかけるように、心臓の冠動脈が詰まってしまい、
バイパス手術を受けるなど、ガタガタな話。こちら⇒


が、それでも今は透析を苦にせず(時々苦になるけど)、

親父バンドでフォークソングなんか歌ったりしながら、
なんとか楽しく暮らせないものかと模索している話。こちら⇒


このブログは、そんな、闘病というには大げさな日常の話を書いています。


苦なことは、吐き出せばきっと楽になるから吐き出し合いませんか。
楽なことは、楽なことはひとりでも楽しいけど、集まればもっと楽しい。


苦楽を共にできたらいいですね。

■メルマガフォーム

突発性難聴(4)薬の副作用?


突発性難聴で入院治療をした(その話はこちら→

一週間の治療でほぼ元通り聞こえるようになった。

予定通り退院して、処方された薬を服用し、一週間後にMRI検査だ。
難聴が脳の腫瘍に起因していないかどうかをMRIで調べるとのこと。

続きを読む…

定期血液検査(2020/3)


体調がイマイチだった。

顔・頭・胸あたりに湿疹ができ、痛痒かった。

続きを読む…

突発性難聴(3)新型コロナウィルスとの闘い


突然の耳の不調で、入院治療へと話がすすんだ。
(その話はこちら→

突発性難聴は、静岡県の難病指定を受けており、
その原因も治療法も確立しておらず、入院して点滴はするものの、
治るか治らないかはやってみないと判らないとのこと。

続きを読む…

突発性難聴(2)点滴は3時間


突然の耳の不調で、入院治療へと話がすすんだ。
(その話はこちら→

入院の支度を整えて、指定の時間よりも早くに市立病院へ。
入院の手続きはスムースだったが、待たされること1時間を過ぎ…

続きを読む…

突発性難聴(1)え?入院?


右の耳だけなんだけど、
耳の奥でザーザーという音がし始めて止まなくなり、
鼓膜が圧迫されるような感覚がいつまでも治らなくなり、
そのせいかどうか、聞こえも悪くなった。

続きを読む…

高齢者と基礎疾患を持つ者


新型コロナウィルスが蔓延してきて、
高齢者と基礎疾患を持つ者は、人混みをできるだけ避けるなど、
感染予防に注意するよう呼びかけられている。

私は、「高齢者」か?「基礎疾患を持つ者」か?

続きを読む…

定期血液検査(2020/2)


標準体重が67.0kgから66.5kgに引き下げられた。

レントゲン検査の結果、心胸比が大きくなったから。

続きを読む…

定期血液検査(2020/1)


カリウムが高いと、
珍しく、看護婦も栄養士も先生も、口を揃えてのご忠告だ。

続きを読む…

デジタル障害者手帳


障害者手帳が、カードやアプリで可能になるとか。
新聞記事で見かけて、そりゃいいと思った。が…

続きを読む…

トレッキング 高草山


高校の同級生からトレッキングのお誘いがあり、出かけた。

焼津市と藤枝市との境界にある標高501mの高草山。
富士山の眺め(写真上)も抜群だという。

続きを読む…


カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


 
ホームページ