透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2019年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


透析の前にやり残しはないか


透析を宣告され、

シャントの手術日も、透析導入入院日も決められた。

 

何も覚悟が決まらないまま、

透析へのストーリーだけが、どんどん進もうとしてる。

透析に通う人生って・・・・・

なんだか、なにもかも「おしまい」に思えていた。

人生が「終わった」ように思えていた。

 

一日おきに4時間もベッドに縛られているようになる。

何もできないじゃん。

やっぱり終わりじゃん。

 

「絶望」って、こういうことを言うのかもしれない。

 

 

何かちゃんと考えて覚悟を決めようと思いながら、

何をどのように考えてよいか解らず、

横を向いて正面から何も考えようとせずに、

逃げて、逃げて、いたずらに時間を過ごし、

気がつけば、シャントの手術の日はきていた。

 

 

シャントの手術、それは、

透析への確かな第一歩に間違いなかった。

 

初めてのシャントの手術は、こちらに詳しく書いています

 

何も覚悟が決まらないのに、シャントの手術は済み、

シャントの手術跡を絆創膏で覆い、後生大事にしている私に、

 

「透析始まっちゃうと2泊以上の旅行に行けなくなっちゃうね」

 

妻が言う。

 

そうだ、透析は一日おきだよ、そうだよ。

そんなことに気が回っていなかったから、新鮮に驚いた。

 

 

「ほんとだ、一日おきだもんなぁ」

「今のうちに行っておきましょうか」

「そうだな、そうしようか」

 

妻は、落ち込んでいる私の気持ちを紛らわそうとしてくれたのだろう。

 

それに当時は、

旅行先で臨時透析が受けられるだなんて知りもしなかった。

 

 

「下呂温泉と高松なんか、どう?」

「いいよ」

 

正直、どこでも良かった。

2泊するということだけが大事だった。

 

会社を休んで出かけた。

人生、これが最後の旅行だ、みたいな大げさな心持ちで出かけた。

そう思うと、一刻一刻が貴重で、何を話したらいいか構えてしまう。

 

 

妻には、苦労というか迷惑というか、おんぶにだっこになっちゃうなぁ。

それを上手く言葉にできないもどかしさに襲われながら、ハンドルを握る。

 

「迷惑をかけて申し訳ない、でも、よろしく頼む」

 

そういうことが言いたいのに、うまく言えない・・・・。

 

 

早足で歩いたりすると胸が苦しくなってしまうから、

(後から思えば、それが狭心症だった)

下呂温泉をゆっくり歩き、

乗鞍高原の霧の視界ゼロの眺望を楽しみ、

上高地をあきらめ、

高山の朝市を散策する。

 

 

透析が始まってしまう前に、

やっておかなくてはいけないことがあるんじゃないのか、

考えておかなくてはいけないことがあるんじゃないのか、

 

 

なにをか落ち着かない気持ちを抱え、

そのくせ腰を据えて正面から考えることからは逃げてしまう。

 

 

治る見込みの無い、生涯続くことになる透析治療、

想像できなくはないけど、どうなるのかわからない生活に対して、

絶望と不安と焦燥と、

 

押しつぶされそうになっていた透析前夜だった。

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
ホームページ