透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2020年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


もう一度ギターを弾こう


「もう一度ギターを弾こう」

 

誘ってくれる友達が居た。

高校の文化祭で一夜漬けのフォークライブをした同級生だ。

 

いや、高校の文化祭のライブだなんていっても、

それはライブだなんて言えたしろものじゃなかったし、

人に聞かせられるほどの歌でもギターでもなかった。

 

でも、自分たちなりにどきどき緊張もし、楽しみもした。

 

 

なにより、女の子にもてるような気がしてた。

 

 

学生時代が終わり、社会人になり、

自分はいつしかギターを手にしなくなり、

度重なる引っ越しでそのうちに無くしてしまった。

 

 

しかし、

その友達は、ギターを手放すことなく、ずっと弾き続け、

今では、確かな腕前になり、ライブハウスなんかに出入りもしている。

 

 

「もう一度、ギター弾くか」って誘われて、

でも、自分は、社会に出てからもう30年もギターなんて弾いていないし、

 

人前で弾いたり歌ったりだなんて、

そんな大それた真似が出来るとは、とても思えないし、

練習しても出来るようになるとも思えなかったし、

 

「ムリ!」って若者のような返事を繰り返した。

 

それでもある日、彼が出ているライブハウスをのぞいてみると、

彼は喜び、「ギターは僕が弾くから、歌だけでも歌おう」

 

吉田拓郎の「祭りのあと」だった。

 

心臓がはち切れそうに高鳴って、手も足も震え、脂汗がにじみ、

さんざんな出来だった。が、もうあとの祭り・・・・・。

 

なのに、ライブハウスのマスタも常連と思われる人たちも、

やんややんや、次はギターを弾いて一緒に歌おう、とはやし立ててくれる。

 

調子に乗りやすい質なのか、次はもっと上手く歌えそうな気がした(笑)

 

「ギターを買わなくちゃ」

 

次の日曜日、友達につきあってもらい、中古のギターを物色しに出かけた。

 

おだてられて木に登っちゃった・・・・・。

 

つづく

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
ホームページ