心臓バイパス手術(2)ー心臓は動いたまま手術をします

心臓バイパス手術を受けるため隣市の病院に入院した。

 

病院のパジャマに着替えて、点滴が始まる。

血液を固まりにくくする薬の服用をやめて、

血液をさらさらにする薬の服用を始める。

「手術は4日後の9時頃からになります」

4日かけて血液をさらさらにするらしい。

手術へ向かってじわじわと進んでいる感じだ。

 

「苦しくなったら、すぐに知らせて下さい」

看護婦さんがナースコールのボタンを指し示して言う。

でも、そんなことが起こるとは、どうしても思えない・・・・。

 

手術までの間、この病院で透析を受けることになる。

透析室までは車椅子で連れて行ってもらえる。まるで重病人だ。

「心臓の手術?大変ね、がんばってね」

透析室の看護婦さんが声を揃えて言う。

やっぱり重病人なんだ。

 

 

先生から手術についての説明があった。

 

ご承知のように3カ所のバイパス手術になります。

ひとつは、肩から右脇腹へ向かっている動脈を持ってきます。

もうひとつは、同様に左脇腹へ向かっている動脈です。

みっつめは、胃の下にある動脈か、膝下の静脈を使います。

この病院では、心臓は動いたまま血管の手術をします。

一般的には、人口心肺で呼吸させて、心臓を止めてとりだして

手術をするケースが多いです。

止めない方がダメージが少ないので、当医院では止めずに、

取り出さずに手術します。

 

肋骨は切らずに済むのですか?

 

いえ、切ります。

のど仏の下辺りからお臍の上辺りまで切って、

肋骨を開いて、心臓を特殊な方法で押さえつけて少し動きを

少なくして手術します。

心臓の裏側の血管は、心臓をひっくり返すように工夫します。

 

7時間ほどの手術になります。

97~98%は大丈夫な手術です。

 

 

切断した動脈の残りはどうなるのですか?

 

娘が質問する。

 

縛っておきます。

 

その動脈の先に血液がいかなくなっちゃって大丈夫なの?

その他疑問は残るが素人の疑問をぶつけても仕方がない。

プロが判断したことだ。

 

お任せします、よろしくお願いします。

がんばりましょう。

 

聞かない方が恐くなくて良かった。

聞いてしまったばっかりに、その手術の大変さが偲ばれて、

我が身がとんでもないことに直面していることを思い知る。

「すごいね」

 

妻と娘と言葉少なにベッドに戻る。

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です