初めての看護婦さん

「初めてなんですけど、私が補助させてもらいますので、いいですか?」

「はい、どうぞ」(って、イヤだとは言えないでしょ、ふつう)

 

初めて透析の針を刺すという看護婦さんの登場で、

いつもの看護婦さんが補助につくから、穿刺させてもらっていいか、という。

 

断る理由もないし、

誰しも”初めて”の時はあるものだし、

これから永いおつきあいになるのだろうから、

無難に乗り越えてもらうにこしたことはないし、

幸い、今宵は、ペンレス(麻酔シール)も早くに貼ってきたし、

シャントに掻き傷もほとんどないし、

(痒みを我慢できず、掻きむしっちゃうことがある・・・・・)

たとえ痛くても大声上げたりはしないし、

どうぞ、緊張せずにリラックスしてやり遂げて下さい。

 

いろいろ考えているうちに、

こっちの緊張が高まってきて・・・・・・・

 

 

「よろしくお願いします」

「こちらこそ、お手柔らかに」

 

 

私は、針の刺さるところを見ていることができない。

怖いから ^^;

 

 

だから、針を刺される時は、あっちの方を向いているのだけれど、

おそらくその時、視線は宙を浮いたようになってしまっているものと思われ、

それをお断りしておかないと、何か妙な誤解をされるのでは、と、

そんなことをつらつらと思っているうちに、

 

「それでは、刺します」

「あっ、ハイ、どうぞ、お願いします」

 

緊張が高まる。

歯を食いしばる。

痛いかどうか解らないけど、歯を食いしばるのは習慣だ。

汗がにじむ。

 

 

 

 

 

「はい、2本目いきます」

「ハイ」

 

 

 

 

こちらの緊張を余所に、

新人看護婦さんはわりと冷静に無難に穿刺を終えた。

 

 

「針先、大丈夫ですか?」

「はい、全然痛くなかったですよ、ありがとう」

「ありがとうございました」

 

初めての穿刺の実験台に抜擢されて、とても光栄です。

どうか、穿刺の上手な看護婦さんになって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です