透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2020年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


心筋シンチ検査の結果


心筋シンチ検査を受けた(その話はこちら→)。

一週間して検査結果を聞きに行く。

「まず、冠動脈の太い血管3本に問題はありません」

バイパスを通した2本と、
バイパス手術直後にバイパスが詰まってしまってステントを入れた1本、
いずれも血流に問題はないとのこと。
しかし、枝の部分が一部狭くなってしまっていて負荷がかかった時に、
血流が悪くなっているとのこと。
ただ、それが、動悸の原因かどうかはわからないとのこと。

ただ、心配なようなら、
狭心症の薬を服用して血流を良くするということも考えられるとのこと。

どうしますか?

どうしますかと医者に問われて、どう答えていいかわからない。が、
話が前に進まないので、
「様子を観ることでいいですか?」
これ以上薬が多くなることにも抵抗があるし・・・・。
「そうしましょうか。具合が悪くなったらすぐに来てください」
「わかりました」
「透析クリニックの方には私から手紙を書いておきます」
「よろしくお願いします」

透析クリニックに戻り、
「どうでした?」
「血流に問題はなく、様子を観るということで」
「わかりました」

心筋シンチ検査のタイミングには動悸はしていなかったから、
結局、動悸の原因はわからず仕舞いで、対処もできず、
まぁ、それでも、
運動(心臓への負荷)と今回の動悸とは関係なさそうだと解った
ことは収穫だったと思われ、

その後、動悸が治まっているので、げんきんにもさして気にもかからず、
循環器科のほうでもましてや透析クリニックでも、それ以上何もできず、
今回の動悸騒動は一応の幕となった感じ。

それにしても今回、
自分の体は、自分の加減で自分がケアするしかないと、
あらためて認識を強くした。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
ホームページ