透析ブログ

プロフィール

こやまん

こやまん


こやまんって?

よく読まれる記事

透析ブログへのリンク

おすすめ

太陽・月・星の暦
2020年版登場!
太陽・月・星の暦
\1,400
詳細を見る



最近のコメント

カテゴリ一覧

おすすめ

サイト内検索


心臓バイパス手術(1)ー明日、入院して下さい


心臓カテーテル検査の結果、心臓手術をしなくてはならなくなった。

 

市立病院でカテーテル検査のデータをDVDでもらって、

それを持参して隣市の病院へ出向くと、

血液検査、レントゲン、心電図と検査を廻される。

透析病院でも、循環器医院でも、市立病院でも、同じ検査が繰り返された。

しかも今回は、市立病院でのデータを持って来ているにもかかわらず。

 

まぁ、その辺の社会の仕組みの怪は横に置くとして、

 

しばら~く待って、やっと診てもらえる順番。

「すぐに手術が必要です」

「そう言われてきました」

「よく退院していいって言われましたね」

「はぁ(市立病院から救急車で来なきゃいけなかった?)」

「14日、月曜日に入院して下さい」

「はぁ(4日後か、すぐじゃないのか!)」

 

その間、少しでも痛めば、

すぐにニトロを服用して、救急車で来るように、と指導される。

 

ずいぶん深刻な状態にあるようだが、

ニトロといい、救急車といい、あまりにも自分の中では現実感を伴わない。

そんなことが起こるはずがない、と心のどこかでタカをくくっている。

 

翌日の夜、病院から電話があり、

「明日、入院して下さい」という。

 

病院の会議で、今予定されている手術の中で自分の手術が一番緊急を要すると、

判断されたのだそうだ。

 

「そろそろ行きましょうか」

10時に入院するようにという指示なので、

30分前には病院に入れるように出かける。

 

「携帯電話が使えない病棟だろうな」

「そうね、ペースメーカーの人もいるんじゃない?」

抱えている容態よりも、どんな手術になるのかということよりも、

連絡が取れなくなることのほうが気がかりだった。

 

仕事を休む段取りはつけてきたが、

公私において連絡が取れなくなることが気がかりで、

病院につくまで、車の助手席で、可能な限り思いつく限り連絡を取った。

 

何が大切なのか、まだ身にしみていなかった。

 

つづく

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
ホームページ