ルビー婚

結婚して40年が過ぎた、10月10日。
ルビーの指輪は買えないけれど、40年もありがとう。
あと少し、10年かなぁ20年かなぁ、お願いしたい。


40周年記念日だから少しくらい飾り付けが必要でしょ、と前々から思っていた。

何かの記念日、例えば誕生日、自分たちのはもちろん、子供たち、孫たちの誕生日にもショートケーキを買って、家族のグループLINEにも写真を送ったりして、皆で祝うようにしている。

だからもうこれは当然のこととして…

「ルビー婚っていうのよ」妻が言う。
それはルビーの指輪が欲しいってことなのか?

「好きなものを買えばいいじゃないか」とつい言ってしまう。
財布はひとつだし、その紐は妻が握っているんだし、その中から好きなものを好きに買えばいいと思う。面倒臭いから言っているのではなく、良かれと思って言っている。が、

先日、探偵ナイトスクープというTV番組で、まったく同じ対応をしていたご主人に愛想を尽かした奥さんの話をしていて身につまされた…。

こりゃいかん!マズい!

なので、
「ルビーの指輪、買いに行く?」と応対した^^v
「そこまでは要らないけど、何か指輪が欲しいな」
「ルビーの指輪でいいじゃないか」
「日常的に身に着けていられる指輪でいいの」
「とにかく、見に行ってみるか」

妻と出かけ、気に入った指輪を購入した。

さらに、花だな。

先日の入院の大部屋で一緒だった人が病院の近くで花屋をやっていると言っていた。なんというナイスなタイミング!さっそく出かけて、事の次第を話し適当に花を見繕ってもらった。

そして、ショートケーキを用意する。

しかして、写真のような飾りつけで結婚40周年をお祝いし、子供たちに写真を送り、会えないけどLINEでお祝いしてもらった。

結婚40年。
それはスゴい年月で、ふたりで暮らし始めたのに、その間に3人もの子供たちが独立していって、また、ふたりで暮らしている。

つくづく思う、ありがとうと。
そしてあと少し、10年くらいか、欲を言えば、20年くらいか、くれぐれもよろしくお願いしたいと思う。

“ルビー婚” への2件の返信

  1. ご結婚40周年、おめでとうございます。
    素敵な記念日を過ごされましたね。

    初めまして。
    私は数年前に金婚式を祝ったという年齢の、
    そして透析15年という、気持ちだけはいつも元気な者です。
    時々こちらを覗かせていただいていますが、
    今日はお祝いの言葉を一言と。

    何かの記念日には必ず家族で(今は会えなくても)お祝いを
    というのは我が家も同じです。
    温かい家族に囲まれて、これからもまだまだ人生を楽しみましょう。

    またおじゃましますね。
    ケーキが食べたくなりました(笑)

    1. TAMUさん、はじめまして、コメントをありがとうございます。

      金婚式で透析15年で、どちらも先輩ですね。
      お祝いのお言葉までいただいて、重ねてありがとうございます。

      こんな時代、本当に大切なものは家族をおいてほかにないと、つくづく思う次第です。

      また遊びに寄ってやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です