貧血状態はほぼ解消か

貧血状態が治まらず輸血をした(その話はこちら⇒)。

一度目の輸血でヘモグロビンの値は8.4に。二度目の輸血で9.8へと改善した。ほんとは10以上が望ましいとのことだが、まぁほぼOKじゃないかと。


OKかどうか……、
静かに暮らしている分には息切れもしなくなったので不安にならずに済んでいるが、どの程度の運動で支障が出てしまうのか疑心暗鬼で……。

家の周りを3,000~4,000歩くらいウォーキングしてみたりしたところ、息切れはしない。

↓ 浜松城の桜を見にいっても息切れしない。

↓ 浜松フラワーパークを歩いても息切れしない。

↓ 険しい山へタケノコ掘りに行っても息切れしない。

↓ メダカの大きな水槽2つ、水替えしても息切れしない。

↓ 夏野菜の苗を畑に植える作業をしても息切れしない。

↓ ギター弾いて歌を歌っても息切れしない

まぁ、どれもシャカリキに動いたわけでもないが、そこそこハードに感じたりもしたことなので、それでも息切れやフラついたりすることはなかったので、貧血状態はほぼ解消したと考えてもいいと安心した。

ただ、貧血の真の原因はあいまいだし、貧血状態が体にもたらす悪影響は、息切れやフラつきだけではなく、なにかもっとじわじわと体を蝕んでいるのかもしれないが、息切れがしなくなりフラつくこともないということで透析クリニックの先生も「良かった」と言ってくれているので、貧血のことはひとまず解決と思うことにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。