穿刺を失敗される苦しみ

透析導入のために2週間の入院をして、少しづつ透析に体を慣らしていく。

 

2時間からスタートして、30分づつ透析時間を延ばし、

いよいよ本番と同じ、4時間透析の日となった。

「あっ、ごめんなさい!」

「えっ?」

 

穿刺(針を刺すことを穿刺(せんし)というらしい)に失敗したという・・・。

 

「差し直すね、ごめんね・・・・」

一回余分に痛い思いをしなくちゃいかんのか・・・・。

 

 

って、麻酔シールは2カ所しか貼ってきてないよ。

ってことは、麻酔シール貼ってないところに刺すってこと?

 

看護婦さんが交替した。

 

「あっ、ごめんなさい!もう一度やらせて」

 

ぇえ~、勘弁してよ、もう体中汗びしょびしょだよ・・・・。

 

また場所を代えて、刺し直す。

もうしびれてしまっていて、痛いんだかなんだかわからない。

いや、痛い、確実に痛い。

汗でパジャマまでびっしょりだ。

 

 

緊張するのは、患者側だけではないようだ。

ベテランの看護婦さんも緊張はするようだ。

お互いの緊張が緊張を増幅させるのかもしれない。

 

でも、痛いのは患者側だけだ・・・。

 

「大丈夫?指とかしびれてない?」

「腕中じんじんしていてなんだかよくわかりませんが、大丈夫です」

 

 

男の子は泣いちゃいかんと教わった。

 

 

穿刺に失敗したところには湿布を貼られたが、

翌日になって、腕中が紫色に腫れ上がってしまった。

 

 

ただでさえ、痛くて戦々恐々としているのに、

こんな失敗を重ねられたんじゃ、透析に通うことがストレスになってしまう。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です