心臓バイパス手術の手術痕(その2)

心臓バイパス手術の手術痕が痛みだし、
血や膿が出るようになり、紹介状を持って、市民病院へ。
その話はこちら⇒

診察の予約は午前11:00だったが早めに10:30に受付へ。

すぐに受付処理してくれて、循環器内科の窓口で診察を待つ。

待つこと15分。
患部の確認をする、ということでベッドのある別室の処置室で、
血圧・体温を測り、ベッドで横になって待つ。

よほど、心臓の状態が悪いと思われたのか、
ナースコールのボタンも手渡される。

“心臓バイパス手術の手術痕(その2)” の続きを読む

心臓バイパス手術の手術痕(その1)

心臓冠動脈のバイパス手術(詳しくはこちら⇒)の手術痕が、
のど仏あたりからミゾオチあたりまで15cmくらいの長さで、
広いところは1.5cmくらいの幅で、ケロイド状態になっている。

手術後、どのくらいで、こんなにひどいことになったのか、
ちゃんと覚えていないのだが、
赤茶けたような傷跡の色でボコボコになってしまっている。

そこが、手術から6年も7年も経って、
(正確には、6年と4か月だが)ひどく傷み始めた。

“心臓バイパス手術の手術痕(その1)” の続きを読む

冠動脈風船&ステント治療(3)-地獄の絶対安静

冠動脈の風船&ステント治療が済み、ベッドのまま病室へ運ばれる。

絶対安静が要求されるから、ベッドを移すことはしないようだ。

 

「それでは、今から7時間半は動いちゃダメよ。

7時間半経ったらベッドの上でゴロゴロしていいからね。

その後2時間したらベッドに腰をおろしてイイからね。

でも、まだ歩いちゃダメよ。その後2時間で歩いてイイからね」

“冠動脈風船&ステント治療(3)-地獄の絶対安静” の続きを読む

冠動脈風船&ステント治療(1)

心臓冠動脈バイパス手術から1年が経過し、

うまくつながった二本のバイパスと、ふさがってしまった一本のバイパスの

経過状況を検査してもらう。

 

また、カテーテル検査だ。

この1年は、これでカテーテル3回、心臓手術、シャント手術と、

合計5回も手術用ベッドにお世話になる。

慣れてはきたけど、毎度緊張するシーンだなぁ。

“冠動脈風船&ステント治療(1)” の続きを読む